読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

testedqualityの(県外の水産高校受験)の記録

県外の水産高校受験を記録し始めて、勝手に水産高校と水産業を応援するブログになりました。

NHKの本気 クローズアップ現代+“白いダイヤ“ウナギ密輸ルートを追え!を見た

水産業

12月になりました。お久しぶりです。先日星野源のオールナイトニッポンで星野源が「最近自分のなかでキリンジリバイバルがきてるので」とキリンジしばりの選曲をしておりました。それ聞いたら伝染しまして、今週通勤時間のBGMキリンジだらけです。アルバム1つしか携帯に入れてなかったのでSpotifyで聞いて満足!Spotifyほんといいですよ。

さて今日は12月1日に放送されたNHK総合「クローズアップ現代+」を紹介します。

www.nhk.or.jp

タイトルは「白いダイヤウナギ密輸ルートを追え!」ウナギについてはこのブログでも何度か紹介してきました。ウナギはWWFからパンダやトキ同様絶滅危惧種指定をうけた生物であるのですが、一方で日本人の好物でもあります。そしてこの2年で1000円台が用意されてた鰻屋でのかば焼きはすでに3000円台でも安い状況という高騰ぶり。

その理由としてはウナギの稚魚が激減で高騰しているから。まだ稚魚からしか養殖できないため、稚魚が重要なのです。しかしすでにヨーロッパではウナギが輸出禁止(日本人が食べて激減)これより稚魚はアジア各国で高値取引される対象となり、そこに裏社会が入り込むようになりました。

しかしニュースなどでは取り上げることもなく、新聞雑誌での記事は掲載した直後に削除される状況。最近私もブログで取り上げたこちらを参照してください。 

testedquality.hatenablog.com

 特定雑誌しかうなぎの不透明取引を扱ってきませんでしたが、今回NHKが番組で取り上げることについて、フリーライターでこの問題を追っかけてきた鈴木智彦さんがリアルタイムでツイートをしていました。

私今回は鈴木さんの解説付きでリアルタイム視聴をしました。TVを見ていない方は上の番組HPにある概要を見ていただくだけでも内容は伝わるかと思います。できればNHKオンデマンドを見ていただけると嬉しい。ここでは番組を見ながらの解説ツイートを並べます。解説にはさかなクンさんが出てきました。これは意外。今までこのような批判となる番組では出てくることがない方でした。ところどころで解説でダジャレを挟んでくれるのですが、これがなかったらつらい映像が続きます。

最初に出てきたのは稚魚を買い付ける国内の業者。稚魚は香港から来ている。ただ稚魚は香港では採れない。じゃどうしているのか?

シラスが一匹600円!半年で成魚になるのだそうですが、絶対全部育つはずがない。

ウナギの原産地はDNA調査でわかるのだとか。そして輸出禁止のヨーロッパウナギについても国内の売り場でこの数年見つかっています。

つまり2007年以降下記のような状態になったことが判明。

この映像をみてた私のTLではこのような感想が

番組はあっという間に終わったと感じる充実度。さかなクンさんと一緒にでてた黒瀬総一郎記者は、さかなクンさんと長年のうなぎ仲間として紹介されました。

黒瀬記者:どれだけの量が関わっているか、全体像は分からないんですけれども、私たちが口にしている可能性はあります。

この黒瀬記者のコメントに鈴木さんがツイート。

半分以上はこの密輸でのウナギ。先ほど番組内での輸出統計情報やDNAの調査から裏付けできる状況。それを土用の丑の日に一気に日本人が食べているわけです。こんなシリアスな状況ですがそれを認めていない水産庁などの公式見解からすると、NHKとしては黒瀬記者のコメントがぎりぎりなのでしょう。また水産系やスーパーなどがスポンサーの民放では絶対できない内容です。これにさかなクンさんが乱獲への危惧を告げつつダジャレを挟み続けます。番組ページでわかるこのダジャレがね、番組見てる間はほんと救いだったくらいのシリアスな内容でした。

 非常に良い番組でした。水産庁の「漁獲制限など必要ない」という見解に真っ向から反論してました。まとまりはないですが、こんな状況だと前回書いた外圧に近い流れに頼ってでも変えることが必要だと心から思いました。

本当にいい番組でした。ありがとうございました。

どちらに転ぶにしろ未来につなげてほしいんだ

水産業 仕事

こんにちは。最近にしては珍しくブログを連投いたします。各地の水産高校のブログやツイートみててにやにやしていたのですが、そんな中届いたメールでちょっと考えたので。

私企業勤めでして他社動向などの調査などもあるので日経の記事も読んでます。そこでダイレクトメールが日経さんから届くわけですが、そんな中に珍しい「魚」の文字が。

ac.nikkeibp.co.jp

築地から豊洲への移転は本日だった記念すべき日に届いたのは、小池都知事が基調講演を行う水産業のシンポジウムへのお誘いメールでした。

この記事に出てくるのは今までこのブログでも紹介した団体や個人の方々。最近紹介したばかりのイオンも出てきます。まさに先月書いたブログの登場団体ばかりです。

testedquality.hatenablog.com

正直このメールみて、日本の水産業はこのまま海外から市場を奪われてしまうのかもしんないって、落ち込んでしまったのですよ。

こんなシンポジウムを無料で開く価値があるのはどのあたりか?って考えるとですね、このまま水産資源保護を行わず魚が採れなくなる一人負けのままの日本は、その分安くて大きくてうまい海外からの水産物で国内水産物市場がこれまで以上に占めることが可能。つまり設けられるというシナリオを描いている人たちが海外にたくさんいるわけです。それも非常に全うな意見、水産物の資源保護を訴える形で。

そして日本人はだれよりもおいしいものに弱い。金を出すでしょって足元みられてるわけです。

経済人からどのように今の日本人が、水産業が見られているか、わかるように示した日経ありがとう。ただ、どう考えてもここに出てくる人たちの意見のほうが正しいのでぐうの音も出ないわけです。

が、くやしくないですかああ!!!日本国内で国がルール作って自制させればいいことができてないだけなんすよ!!

自主管理すらままならないのか?水産省が率先してやれないのか?って考えるだけっで悔しい。日本の将来を考えるとこのシンポジウムをきっかけに海外のルールが入ったほうがいいのかもしれないと思わなくはないんです。が、自分たちで制御しようと各地の漁業組合が立ち上がってきていることも知ってます。

 だからこそ、どちらにもいい方向に行ってほしい。壱岐や室戸の人たちが生活できるような水産業でないと、水産高校の生徒たちが未来を持てないとおもうのです。ぜひ国内の水産業にも早めに個別割り当てなどの水産資源保護を行って海外水産物との競争力確保を行っていただきたいと、強く強く思った次第です。

各地の水産高校ではお祭りが開催されたようです

水産高校

こんにちは。やっと秋らしくなってうれしい今日この頃。でも野菜は高いですねー!そんな私のもとには水産高校での学祭やイベントレポートが届いております。全部調べきれてませんが楽しそうな様子を記録しときます。

 こちらは子供がお世話になった大津緑洋高校。じいちゃんばあちゃんは行ったことあるのですが私は未参加。見てみたかったなあ。

それからfacebook経由でいつも頑張ってるの見ている愛媛県立宇和島水産高等学校。フィッシュガールという女の子たちが全国でマグロ解体を行っているのが有名なところ。週末学祭で缶詰販売したようですね。大盛況だ!

 愛知県立三谷水産高等学校は今週末11日12日が水高祭だそうです。パンフレットが公開されてました。PDFで公開なんですねー。

http://www.miyasuisan-h.aichi-c.ed.jp/panfu2/28suikousai.pdf

神奈川県立海洋科学高等学校は11月3日が文化祭だったのですね。こちらもパンフレットがPDF。

http://www.kaiyokagaku-h.pen-kanagawa.ed.jp/news/20160909_kaiyousaiposter.pdf

第二回学校説明会は11月26日(土)。ほう!秋に説明会って昔はあまりなかったのですが。他の学校見てもありますね。積極的な学校公開はいいと思います!

島根県隠岐水産高等学校は10月16日だったようでこちらブログで開催報告がでてます。

http://www.shimanet.ed.jp/okisui/01%20topics/28nenndo/28suikousai.html

福岡県立水産高校は10月15日16日で水高祭を開催。こちらもブログで開催報告がでてます。なんか2日間もあって楽しそうだなあ。

学校生活・行事 過去の行事 / 福岡県立水産高等学校

いま我が家には高校生がいないので、このような生徒な感じを大変うらやましくおもいます。楽しい子は楽しむがよい!あとできれば学校気になる子は行ってみて。何を勉強するのかわかるから。

ブログ続けてきて本当に良かった

水産高校

10月になり地域のお祭りや子供が通う学童のバザーなどで大忙しな日々です。昨日は鳥取で大きな地震がありましたが皆様大丈夫でしたでしょうか?

さて先日ブログのコメント欄に「お子さんが埼玉から水産高校を受験して今年から通いだしました」という投稿を頂きました。

testedquality.hatenablog.com

 ・・・正直コメントみて泣きました。会社で座っていたのですが席ではどうしようもなくなってしまい、黙って急いでトイレに駆け込んで泣きました( ;∀;)

私がこのブログを始めたのは、こんな体験する人はそうそういないはずだけど、同じようなことを考えたお子さんがいたとしたら、少しでも役立てて欲しかったからです。そう提案してくれた友人の勧めで始めたこともあり、体験記で書くのを終わらせるつもりでした。それがここまで細々とながら書き続けられたのは、読んでくれる皆様のアクセス数や、各地の水産高校に子供を通わせる保護者の方々や水産高校に関係する皆さんのコメントのおかげで、何よりも応援が自分へのご褒美でした。

そして今回子供と同じように県外受験で水産高校に、それも埼玉から!なんて方が現れたこと、そんな方がこのブログを読んでくださった事、なんて偶然と幸運なんだろうと思います。私は幸せものです。

すでに子供は高校を卒業しておりますが、水産業や水産高校などを中心にこれからも続けていきたいと思います。これからも宜しくお願いいたします。

子供は水産高校を卒業して半年、何とかやってるようです。夏休み以降会ってませんが、今は別の学科で悪戦苦闘。専門学校から届いた成績表は苦手の数学が赤点でした。追試でどうにかなったのか非常に心配してますが、一緒に記載されてた出席率だけは95%超えていたので頑張っているようです。学校が下手すると水産高校より厳しくてですね、遅刻も含めての出席率で届いております。単位制の大学と違って出席しないと卒業できません。高校より厳しいですよね。

あ、ブログのデザインを変更しました。アクセス数の多い記事一覧を追加してみました。実は子供が自宅謹慎していた記事が一番人気(^^;;;です。恥ずかしい記録ですが、こんな記事が役立っているのならいいなと思います。

最後に今回のヘッダー写真は西武百貨店池袋本店の屋上。こんな大きな池があってデザインモチーフであるモネの気分でくつろげます。でも魚はいないのです。苔生えないようになってるからだと思います。大好きな場所ですが残念。では次回!

f:id:testedquality:20161014115306j:plain

 

オリンピックでの水産品取り扱いについて

水産業

お久しぶりです。久方ぶりに仕事に追われブログご無沙汰してました。本日買い物に行ったら野菜の高さに目がくらみました。大根1本400円。きゅうりは1本100円なり。八百屋で宣伝してたお兄さんも「かぼちゃおいしいよ。きゅうりは1本100円・・・高いよね。ちょっと高いよね」とつい本音をつぶやいて周りの人たちが笑うくらい。これから天気が安定してることを願っております。

さて、ブログ書いてない間にリオオリンピックが終わり、次回東京での開催が本格的に議論されるようになりました。会場どうするんだ?ってのはあるのですが、実は日本の水産業にも影響がある問題点が指摘されてます。

リオのひとつ前ロンドンオリンピックにおいて、開催に関して環境に配慮することが強く求められるようになりました。建物の再利用などもそうですが、開催中に提供される食事も同様で環境に配慮した食べ物=国際基準を満たしている食べ物を使うことが定められました。そのうち水産品については「海のエコラベル」である「MSC認証(Marine Stewardship Council )」を取得しているものを採用したんです。

この「MSC認証」を初めて知ったのは3年前。子供の個人面談のため山口県は仙崎にある大津緑洋高等学校水産校舎へ伺った飛行機の中(子供が水産高校に通いたくて山口に行ってしまったんです)日本のマグロやウナギが危機的なことがまだ知られてなかったころですね。カナダなどのオーシャンワイズ活動などとの比較記事を書いてます。

testedquality.hatenablog.com

 実はいま海に関するエコラベルが2種類あります。最初にご紹介した国際規格MSC認証ともう一つが「マリンエコラベル」。こちらは国内のみの認証規格です。二つの違いを調べた記事がありますのでこちらを。その違いや成り立ちはこちらを見ていただくのが一番良いです。WWFってウナギやマグロの保護もやってるんですよ。野生動物保護が目的ですから!

testedquality.hatenablog.com

 この記事では国内にMSC認証ほとんど見ないと書いてますが、1年たって国内事情は少しづつですが変わってきてます。まず、大手スーパーであるイオンが積極的に展開してます。近所のイオン数件とも写真同様の積極的な広告が魚売り場に出てますよ。あとは、生協さんですね。

www.sankei.com

 翻って次回2020年、東京でも同様の方針が採られるでしょう。となったとき、記事にもあるとおり国内の水産物がオリンピックの選手村に提供できないのでは?と思うのです。イオンはそれを見越して今積極的に進めているのかもしれません。

現在MSC認証を受けている国内水産品は非常に少ないのが現状。そのうえ、独自の規格があるから大丈夫と言っても、すでにウナギとかマグロでひどい状況なのが現実です。正直国際社会で展開していくルール決めに水産庁はウナギでもマグロでも「自分たちが一番魚をわかっている」という態度で臨むのかなあ・・・交渉って舞台に立ったままやるものですから、今からでもマリンエコラベル側をもっとルール厳格化するなど、変えていってほしいものです。イオンのMSC認証製品はサーモン等海外からのものですからね。

だって、自分をかけて頑張る選手や参加者に、本当においしいものを普通に食べてほしいんですよ。それがおもてなしではないか。と、厳しいルールで戦えるはずの、品質に自信がある日本であるからこそ願う次第です。

角島観光に周遊バス登場しました 2016年秋限定だってよ~

仙崎 山口 水産業

こんにちは。雨が続く関東南部で洗濯物に困っていますが皆様いかがですか?部屋に干してもなかなかバスタオルは難しいですねえ・・・

さて最近TVのバラエティなどで山口の角島がたびたび出てくるようになりました。いろんなところで私も宣伝するのですが車以外だと超絶不便なところなので、どうにかならないのかと思っていましたが、なんとこの秋定期観光バスが設定されました!! 

幕末維新やまぐちデスティネーションキャンペーン:JRおでかけネット

山口観光で一番不便だった角島への定期観光バスが期間限定で設定。平成28年10月~12月の土日祝。2か所回るのに一日がかりの場所なのですが行く価値あるよ!!タクシーだと5万円じゃ足りないよ(実話)

2016/09/22 16:10

 昨年夏に私は角島観光を子供の三者面談のついでに行うという夢を実行しましたが、その際のタクシー代は 油谷(長門湯本より角島寄り)→角島→長門市で4万。それから卒業式で仙崎の高校→宇部空港が1万4千円でした。このコースなら二人で1万なのですよ。つよい・・・・10月の週末だけで予約制ですが、角島だけでなく現在美しさでCNNやトリップアドバイザーなど海外から注目を集める「元乃隅稲成神社」もとのすみいなり と読みますがこちらも観光できます。ほんとこれ去年のうちに欲しかった!

ちなみにその時の様子はこちらの過去記事をご覧ください。 

testedquality.hatenablog.com

 あと先週うれしかったことがあったので写真を。なんと仙崎というか長門市の物産が秋葉原で売ってたのです!息子が採ってたアカモクも冷凍販売してて一人で大興奮。

f:id:testedquality:20160914175806j:plain

 東京の「おいでませ山口館」で行ってた仙崎長門フェアにあわせて秋葉原にある全国物産館である「ちゃばら」というお店でも同時販売したとのことでした。

【イベント情報】仙崎・長門フェア in 東京 開催!

このフェア実は秋葉原のちゃばらでも同時開催中です!!しめさばとか剣先いか一夜干し、ありえない値段で売ってた。試食もできるからぜひぜひ!  http://www.jrtk.jp/chabara/

2016/09/14 13:18

 あんまりうれしくてたくさん買ってしまいました。この大きさのしめさばがほんとに美味しくてね、剣先イカも刺身で大丈夫だったしほんと幸せだった。つい子供の話をお店の人に話をしてアカモクがつい最近まで雑草だった話で盛り上がれるのがうれしかったです。もし見かけたら買ってみてくださいね。

f:id:testedquality:20160914175400j:plain

ということで今回は角島と仙崎の宣伝というより「また行きたいんですよーー」という叫びでした。実は三者面談で出てくる子供はこの夏遊びに行ってるんですよ。ちょっと悔しい。

次回はオリンピックと水産品販売について書きます。今日イオンにいって改めて気になりましたので。では皆様天候不順なのでぜひ体調に気を付けてくださいね。

絶滅危惧種のマグロは制限せず福島のヒラメは制限するの?

水産業

こんにちは。8月から台風が続いて各地で被害が相次いでますね。皆様大丈夫でしょうか?個人的には見ている「あまちゃん」の再放送が終わり近くなのですが、ちょうどあまちゃんハウスという観光施設ができたばかりの久慈市が大きな被害をうけたのでショックなんです。

今年の目標は久慈市に行くことだったのですが、まだ片付けしているだろうしもう少し後にします。ボランティアには行けないので募金とかできることをしたいと思います。あと北海道は農作物がほんとに被害大きくてねえ・・・特に玉ねぎは春以降佐賀が病気の影響で出荷できなくて高値が続いていたところで(普通に関東で大玉100円とかですよ)北海道も出荷できないとなって厳しいですね。

さて、最近は築地市場の移転問題が大きなニュースになってます。このニュースで賛成反対はまだ決めかねるのですが、プロジェクトとして炎上させている状況に責任を取る人がいないってのが一番いやだと思う次第。きっと数十年の計画の間、何人も責任者がいて問題を先送りにしてきたのだと思います。その人たちは今回の騒動をどう見ているのだろうなと。築地の価値や、水産業の未来や、普通に食の安全とかをすべて当事者意識を持ってなかっとしか言いようがない。いまから改めて仕切り直ししても、過去の経緯だけはきちんと洗い出していただきたいと思います。

そしてもう一つ個人的なニュースはヒラメのニュース。9月1日、東京電力福島第一原子力発電所に面した海にて、事故以降5年ぶりにヒラメ漁が解禁されました。

ほんと大きなヒラメ!他の魚でも事故後の休漁を経て昨年から再開していたりするのですが、これがどこも大きな魚になっていることが報告済み(うみラボさんはその調査を行ってきている方々です)。日本国内で漁獲制限が大きな効果があると示せた例が、事故であることは皮肉な結果でもありますが、でも大きな発見でもあるのです。

このニュースをみて同じ週に福岡にて行われたクロマグロの国際会議「中西部太平洋まぐろ類委員会(WCPFC)」の結果を思い出しました。

食卓のマグロに逆風も 資源管理で国際会議  :日本経済新聞

マグロもウナギもサバも一番食べているのは日本なので二本で制限しない限りどうしようもないのですが。ほんと子供とか若者とか未来のことは置いてきぼりの水産庁だな。

2016/08/30 21:18

 こちらでは結局日本が非常に緩い制限値をだしてきたことで、日米間で妥結できず終わってしまいました。

勝川先生が沿岸漁業者へ水産庁が説明会をした際のツイートが流れてきています。

このマグロの沿岸漁業者の方々は、福島沖のヒラメの様子をみて、悔しいだろうなと思います。できることをしないまま、絶滅を眺めていたくはないはずなのですが。5年待たざるを得なかった福島の漁師さんたちが笑顔になっている様子をみてそう思った次第です。

いまだ福島の食べ物は放射能があるとかいう方も多数おられますが、ほとんどの食べ物が自主検査され、いま放射能でもそれ以外でも一番安全な食べ物を出荷しているのが福島県であります。ぜひ一度福島のヒラメ食べてみたいです。いや大きいから一尾は万を超えるので買いきれないもんで・・・刺身からでいいですか