てすてっど(testedquality)県外の水産高校受験の記録

県外の水産高校受験を記録し始めて、勝手に水産高校と水産業を応援するブログになりました。

2019/01/12 ★2014年以前の過去記事参照が一部リンク切れしております。順次修正いたします

2018年夏長門市と美祢市の旅 その3 青海島観光船を楽しむ

関東は毎日雷が続いております。厳しいですね、主に洗濯物とか夏野菜とか。今日はプチトマトが一パック300円、お気に入りの高いやつは500円で手が出ませんでした。さて色々別の記事を書きましたが、また山口の旅記録に戻ります。前回はこちら。

testedquality.hatenablog.com

お世話になったホテル楊貴館から山陰本線にて9:23の電車で長門市まで移動。前回1日の利用者が10人台だと説明した伊上駅、ホテル楊貴館の標準が12時のチェックアウトなので2日目もホテルで楽しむことができます。

f:id:testedquality:20180808091600j:plain

例えば今回できなかったカヤック体験とか海水浴→もう一回温泉とか。特にカヤックは次回試したい!中学生までだと親子で8,900円と良心的な値段なのです。じゃらんで予約できるのもいい所です。

nanavi.jp

そうして長門市に到着。さらに駅前よりバスで仙崎まで向かいました。長門市駅からは各方面にバスが多いです。しかし私たちが利用している幕末ISHINパス、長門市圏内は対象外で残念。萩市内だと巡回バスも対象なんでお得さ加減が半端ないのですよ。バスに乗って移動すると途中深川湾が見つつ駅から10分ほどで仙崎駅前、そして目的地のセンザキッチン前に到着です。左側の建物は「長門市おもちゃ美術館」後ろが飲食店街。

f:id:testedquality:20180808095642j:plain

子供が卒業した後にできた施設なので、もちろん初めての訪問です。 昔の面影がなさすぎて同行した子供が「違いすぎる!」とつぶやきました。3年前卒業式の日に撮った同じ方向からの写真がこちら。これは違いすぎる。

f:id:testedquality:20160301121224j:plain

 

それがすっかり素敵なデザインの建物たちに変わっておりました。オープンの時に書いたブログがこちら。

testedquality.hatenablog.com

 

向かって右側の駐車場も平日なのににぎやかだし観光バスも沢山停車中。人気の場所なのですね。

f:id:testedquality:20180808095651j:plain

早速近づくと左端に青海島観光船の建物が見えて、ここだけ変わってないことでちょっと安心しました。でもステージと駐車場がただっぴろかった右側の場所は、建物で埋まってます。こちらは飲食店と物産販売所。HPで見た通りとはいえこれは想像以上です。

f:id:testedquality:20180808095815j:plain

同じ方向、3年前はこんな感じでした。ステージがあった駐車場。はあ・・・

f:id:testedquality:20160301125103j:plain

こんなに雰囲気がかわるとは思ってませんでした。中もゆっくり見たい。しかし、買い物はぐっとこらえて先に観光船に乗ることにしていました。体調が良いうちに乗りたいからです。私乗り物非常に弱いのですが今回は乗ると決めてきました。

実は6年仙崎に通っておきながら、一度も乗ったことがなかったのです。自分が乗り物弱いのもあるのですが、一緒にいつも来ていた下の子が全く興味なかったらしいです。前日の秋吉台を夏休みのレポートで調べているうちに、火山活動でできた島ということがわかり俄然興味を持った模様です。この日は台風が近づいていて外海が荒れているということで「赤瀬コース」となっておりました。コースや料金はHPをご確認いただくのが確実です。TwitterやInstagram,Facebookもあります。
www.omijimakankoukisen.jp

さてやっとクジラ船に乗船いたします。30名以上乗船。夏休みとはいえ大人気です。

f:id:testedquality:20180808103416j:plain

f:id:testedquality:20180808103505j:plain

こちらの施設も「やまぐち幕末ISHINパスポート」の対象。チケット購入時センザキッチン製のラスクをいただきました。「とりあえず50分だし、外海でないし」ということで気合を入れつつ出発です。仙崎港を横目に青海大橋をくぐって深川湾方面に向かいます。この辺りは本当に穏やか。

f:id:testedquality:20180808104136j:plain

深川湾の入り口で向かいから愛らしいデザインの船がやってきました。まるで「崖の上のポニョ」で出てきたポンポン船のよう。

f:id:testedquality:20180808104744j:plain

こちら最初に見えていた「長門市おもちゃ美術館」の運営するキッズクルーズ船「弁天」でした。クラウドファンディングで木造船を復活させて入場者に乗せてくれるのです。美術館子供が多かったので邪魔にならないように今回入場を避けたのだけど、あれも乗りたかったなあ!かわいい。
www.nagato-toymuseum.com

さて船は長門市街を左手にして進みます。揺れも少なく眺めているうちアッという間に赤瀬までついてしまいました。

f:id:testedquality:20180808110342j:plain

船の後部はオープンになっていて止まっている間に外に出て写真を撮ってみました。隆起の様子がはっきりわかる断面と海の青さが美しいし、この湾曲も力強い。

f:id:testedquality:20180808110429j:plain

後ろを向くと半島が見えます。黄波戸あたりが向かい側でしょうか。奥は千畳敷当たりのはずですが、ここから元乃隅稲成神社は見えないのでした。観光で海から見るなら、前述のカヤックで外海コースで訪れるとかくらいですかね。とにかく青と緑で心地よい。

f:id:testedquality:20180808110411j:plain

と席に戻ってニコニコしていたら「いまから戻りますー」というアナウンス。ここで戻りだした途端に船が木の葉のように揺れだしました。シーソーのように前後に揺れて、大人がうわーといううなり声をあげてましたが、子供たちは大喜び。それでも何とか私も耐えて無事戻ってくることができました。

ということで次回は、センザキッチンと大津緑洋高等学校の話をします。

testedqualityとはCowboy BebopというアニメのDVDボックスに描かれた造語から。多分品質検査済みって感じ。