読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

testedqualityの(県外の水産高校受験)の記録

県外の水産高校受験を記録し始めて、勝手に水産高校と水産業を応援するブログになりました。

2015年夏 高校3年生三者面談の旅 その5 角島にいくぞ!

水産高校 山口 下関

こんにちは。シルバーウィークも終わりましたが皆様はどのように過ごされましたか?
私は本読んだり仕事もあったりでまったりしておりました。ただ都心の本屋さんに久しぶりに行きまして、本がたくさんある幸せを実感。Amazonさん便利だけど、このような中身みて買うっていうのがいいんですよね。そんな中で見つけたのがこちら(といいながらAmazonさんのリンク張りますが)

美味しいマイナー魚介図鑑 (よみ:おいしいマイナーぎょかいずかん)

美味しいマイナー魚介図鑑 (よみ:おいしいマイナーぎょかいずかん)

  • 作者: ぼうずコンニャク 藤原昌高
  • 出版社/メーカー: マイナビ
  • 発売日: 2015/07/31
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

 私このブログで「未利用魚」について書いたことがありますが、こちらの本はそのような魚の図鑑。オールカラーで全国的によく食べられている魚を除いた「マイナー魚介」を紹介しております。海水魚だけではなくて、淡水魚、貝、そして海藻まで!!すごいのはすべて食べ方と味まで写真付き。今年気になっていた「ヒトデ」の食べ方も掲載されていました。熊本は天草地方でヒトデ食べるそうなんです。
しかし2、3年でこのような本が普通に出版される時代になりました。まだ水産資源で自分ができることはあるし、がんばっとこうと思いました。しかし写真がよすぎて魚の命を無駄にしないことを目的とした本ですが、我が家の小学生の第一声は「うまそー!」でした(/ω\) いや食べてほしいけど。

さて旅行の続きです。昨日散々移動もあり早めに寝たので朝スッキリと目覚めて、温泉に再度行きました。いや天気よすぎて暑いくらい。お風呂写真取り損ねたのでこちらのブログにリンクしときます。

guide.travel.co.jp

その後朝食会場に向かいました。会場は昨日の食事処とは別。海が一望できる広間でした。出てきた料理が思ってた以上に豪華でおいしいんだなこれ。なんと干物やオムレツをその場で焼けるようになってます。小鉢類が全部おいしい!特に自家製うにしいた。普通に全部おいしいと言う点で高評価です。

f:id:testedquality:20150808082620j:plain

f:id:testedquality:20150808083229j:plain


すっかりお替わりまでしまして落ち着いて一休み。実はこちらのホテル普通に12時までOKと滞在時間が長いのも特徴です。太っ腹。
本日は今から予約したタクシーで初めて「角島」に行きますので飲み物やら日焼け止めやら準備を行っておりました。「角島」はホテルから約30分。とはいえ行くからには帰りも必要でして、そのうえ海水浴するってのが目的なので数時間は必要。そのため今回事前にタクシー会社に相談をしておりました。私が利用したのは「冨士第一交通」さん。電話で何度か丁寧なやり取りの上、以下のコースを決定。

ホテル → 角島観光 → 海水浴場で1時間程度泳ぐ。その間待機 → 青海島にある宿泊先に荷物を置きに行く → 学校へ 

所用時間約4時間で、価格は24,000円。事前に購入していた「やまぐちISHIN旅行券」を使うことを告げておいて予約しました。ISHIN旅行券はタクシーについて一人1回1万円までの上限があるため、子供と二人で20,000円までしか支払いできません。とはいえ、券自体が5,000円か10,000円しかないので、4000円は現金以外の支払いはできないのです。よって実際には14,000円の出費となりました。この金額定価でホテル代とほぼ一緒。でも今回逃したら絶対こんなにゆっくり来れないから母ちゃんがんばったよ!!いやレンタカーなら全然安いんですけど。ということでホテルから時間通りに来たタクシーに乗って、早速角島に移動です。途中でコンビニに寄ってもらったりして30分。ついに見えてきた!!f:id:testedquality:20150808105339j:plain

 角島大橋ですーーーーーーーーー橋の入り口からむちゃくちゃエメラルド。

f:id:testedquality:20150808105350j:plain

f:id:testedquality:20150808105516j:plain

運転手さんが混んでないため途中で止めてくれました。

f:id:testedquality:20150808105531j:plain

あまりに美しくてしばし子供と二人「ふわー」とか「きれー」とかいいつづけてました。次回島内での海水浴へ!