読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

testedqualityの(県外の水産高校受験)の記録

県外の水産高校受験を記録し始めて、勝手に水産高校と水産業を応援するブログになりました。

夢は変わってもなくなってもいいんだよ。 その3

こんにちは。今回の学校呼び出しの件、どこまで書き記すか悩みましたが、こんなことももしかしたら他の方に役立つのかもしれないと思うのと、ここを見に来ている先生達
や子供へ記録とするためなるべく細かく書いてます。もしかしたら私の理解が誤っているかもしれないので。そのときは先生たちぜひご指摘ください。(読んでらっしゃると今回いわれましたのです)
 
さて学校について、まずは問題行動を起こしたことで訓告を受けることになってました。規律違反なのがもともとの問題です。
校長先生、教頭先生と1年ぶりのご挨拶ですよ (ノД`)・゜・。
校長先生と向かい合って再び処分をうけることになります。
 
校長先生はおっしゃいました
「通常であれば、2回目であるため退学処分を検討されるところです。
   しかし、生徒指導を含めすべての先生達が君が残って卒業までがんばってくれることを望んでいます。その気持ちにこたえてほしい。
    君はわざわざ県外のこの高校に来たのかもう一度思い出してください。
   もう8か月すれば君は卒業となります。それまで一生懸命に自分のすべきことをやってください」
今回停学はありませんでした。もちろん次回は即時退寮退学。残れたこと自体がありがたい限りなのでした。本当に頭を下げるしかありませんでした。
 
それから生徒指導の先生、担任の先生、寮の監督の先生と一緒に、今後どうするのかについて改めて話をしはじめました。
「話をしてきたことを紙にかきましたのでまずは見てだけますか?」と子供にもらったサインを先生に渡しました。カフェで書いたあれです。最終的に子供ときめたのはこの3つ。子供がサインしているから写真をそのままUPはできないので書き上げときます。
 
①英語の資格をとる(英検3級は絶対受ける。だめなら
②成績をオール5にできる限り近づける。
③「まあいいか」をやめる
 
・・・先生「おまえ・・・おおきくでたなあ」とつぶやきました。
「いうと、やらないといけなくなるぞ大丈夫か?」
 子供は「はい、大丈夫です」と言い切りました。
「今回は成績のことが問題なんじゃない。なにより自分の考えの甘さが問題なんだ。
   だからなにより③「まあいいか」をやめるってのが大事だ。やれよ。書いたんだから」
「はい」
「おまえ水産系に対して興味ないだろ?」先生はいたいところきいてきました。私びくっとしたのですが子供は速攻で
「はい」
先生たち苦笑いです(ノД`)・゜・。ですが続けて先生はいいました
「ならそれでもいいんだ。夢がなくなったりしてもそれは人間だから仕方ない。
   けど、だからといって高校3年で投げやりになるのはあまりに浅い。就職先ならたくさんあるけど働きたくないんなら 夢がないなら次を探せるように進学するための勉強をしろ。それくらいやれ。」
決してきれいごとをいわない、けどだれよりも先生達が子供のこと考えてる。泣き笑いしながら私うなずくしかなかったです。
 
「コピーとっといて忘れたらすぐみせてやるからな」そういって先生は手帳をコピーしにいかれました。それから次回問題を起こしたら退寮になる誓約書のサイン。
 
「夢をみつけろ」とか「夢をあきらめるな」とか、学校の現場では夢が大事だと繰り返されます。しかしみんなが夢をすぐにみつけられるわけでも、夢がかわったり、夢が違ったと思ったときを教えてくれることはあまりないなと思います。
(それが、本好きなら本だったり、映画だったりするわけですが)
彼にとって小学校からの夢がなくなったことが苦痛だったようですが、これできちんとどうにかしようと思ってくれるといいなあ、というか思ってくれないと卒業できないよね。
 
学校を先生たちに見送られた後、彼はその後反省文があるからと、寮に戻って夕飯食べると帰っていきました。私は大きく手を振りながら夕闇をホテルにむかいました。これからどうにかなったとしても、それを自分で今度は選ぶでしょう。
一人歩いてく夕暮れに前を向いて笑えるくらいには、気分がよくなったので夕飯きちんと食べよう!って思いました。
ということで、次回以降は今回の旅でいろいろわかったことを書きます。