読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

testedqualityの(県外の水産高校受験)の記録

県外の水産高校受験を記録し始めて、勝手に水産高校と水産業を応援するブログになりました。

水産養殖の最先端 近大まぐろをたべましたー!

水産業

こんにちは。今週はこのニュースが驚きでしたね。

食べないでのまえに採るのを規制しますとか、言えばよかったのにぃ。水産庁の株あがったと思うよ。

 

さて、今日はこのまぐろについて。現在稚魚を捕まえて育てる養殖しかできないうなぎについて完全養殖の方法が確立できそうという話が今年発表されて「これでうなぎ大丈夫じゃん」と思っている方も多いと思うんです。
で、先ほどのニュースで「マグロは養殖できてんだし問題ないでしょ?」と考えてもそれは当然。しかし現在まぐろの養殖についても、一般的なのは「蓄養」と呼ばれる稚魚を捕まえて育てる方法。自然界で稚魚が少なくなる、つまりウナギ同様若いまぐろが減ることは生産量が減ることになります。だから前述のような卵を産む前のメジマグロの乱獲で、クロマグロ自体が激減している→養殖業も危ないわけです。ウナギもマグロも背景は同様なんですねー。

しかーし、現在まぐろの採卵からの完全養殖は近畿大学にて研究が1970年代から実施されており、近年やっと技術確立して安定出荷できるようになりました。
それが「近大まぐろ」
近大まぐろについての詳細は「近畿大学水産研究所」のHP
クロマグロの完全養殖の項目をぜひ読んでいただきたいです。32年という非常に長い時間をかけて養殖技術を確立したことがわかります。HPはこちら。http://www.flku.jp/aquaculture/tuna/index.html 

で、「そのまぐろ食べてみたい」との声に応えるため、今年近大とサントリーのコラボした直営店その名も近畿大学水産研究所」が大阪にて開店、大変盛況なようです(店名も研究所と全く一緒なんです http://kindaifish.com/ )。なんと8月の時点で9月の予約は終了、ぐるなびみてびっくりしたですよ。自由席があるらしく並べば食べられるそうですがすごい人気ですな。
が、都内では直営店ないし当分食べられないのかと思っていたところ、こちらのお店で常時提供していることを発見!!

それが「ざうお 新宿店」
今回飲み会の幹事になれたのでこのお店を選んだのですが、メニューに近大まぐろを発見して一人で大喜び(*´▽`*) 楽しみに出かけました。

こちらのお店は、福岡が本店。http://zauo.com/shoplist.html
チェーン展開していますが、特徴は「店内で魚釣りができること」それも釣るのはタイやヒラメ達!どの店もかなり大きな釣り堀が店内に広がってます。船が中心部にありまして、中と外から借りた釣竿とエサにて釣るです。といってもわかりづらいんでGoogleに店内ストリートビューがありましたからこちらで→http://goo.gl/maps/vV7NO


で、早速注文して届きましたよ♪これで1980円也。
後ろにあるのは、参加した子供たちが釣ったいさきをお造りにしたもの。

 

f:id:testedquality:20130823184238j:plain

赤身中トロ大トロ三種もり。油が多めなので少し白めになってます。食べた感想としては笑っちゃうくらい「うまい!」かつ、養殖物にありがちな臭み一切なし。言われなければ天然ものと区別つかないよねというのが全員一致の意見。釣ったいさきもおいしかったですよ!

このような形にうなぎがなるまでどれくらいかかるか、いまからの技術確立は時間との勝負。一方で漁獲制限をしないといけないだろうというのを実感しつつ、おいしいお酒と肴をたらふく食べたのでした。ちなみにこちらは博多直送の盛り合わせ。

 

f:id:testedquality:20130823194855j:plain

正直、人間おいしいもの食べると笑うことしかできませんね! (by銀の匙

最後にざうおという店について一言。
だいたい、海が近くの水産高校の皆様からみたら、ここまでのざうおの説明をみたら「なんですか?これは?」と理解できないと思います。だって海でつればいいじゃない!ですよね~(/ω\)
実は、わたくし「ざうお」さんには10年以上お世話になっております。家の近くにあるんです。
まず埼玉から海まで出るの最低で2時間かかり大変。釣るならもっと遠くになりますし、大体電車なので荷物も大変。かつ母親一人で乳幼児いても連れていける!
実は、今水産高校に通う子供の一番身近な海、それがざうおでした。 まぐろ以外の魚が食べられなかった子供に何とか魚も食べてほしくて連れて行ったのが最初です。自分でタイを釣ってお造りにて出てきたとき、自分から食べて一言「うまい」といって一人で全部一匹食べたんです。その時本当にうれしかった!親が手を尽くしても食べなかったのに・・・。
今回も、店内はお子さん連れの方で満員。子供たちが釣竿もって必死につっている姿はなごみます。釣れた時の騒ぎっぷりに続いて、食べたこともない魚達を恐る恐る口に入れて・・・にかーっって笑う姿みたら、本物の海じゃないとかそげなことどうでもよかっ!と思います。
もし、上記2つのお店行く機会ありましたら、ぜひ楽しんでください。