testedqualityの(県外の水産高校受験)の記録

県外の水産高校受験を記録し始めて、勝手に水産高校と水産業を応援するブログになりました。

受験本番 その2 合否発表も一筋縄ではいかなったぜ

こんにちは。マグロの水揚げが境港で始まったとか http://photo.sankei.jp.msn.com/highlight/data/2013/06/06/18tuna/ 

このニュースだけみると「やっぱりマグロでっかいなー」とおもったりするのですが、 勝川 俊雄さん という三重大学 生物資源学部 准教授の方のブログやツイートを見ていると、 https://twitter.com/katukawa/status/342653644316999680 別の面がみえて考え込みます。まだまだマグロをたべたいです、はい。

 

さて、その1で3泊4日の受験旅行にでかけた子供は、受験前日の旅館についた後めずらしく自分からメールをだしてきました。あの子でもちょっと不安なんだろと、折り返しで電話をかけてみました。

「木刀もってきた?」「うん」

「充電器は?」「大丈夫」

「財布は枕の下にして寝るんだよ」「うん」

「寝坊すんなよ」「おう。あのさ。」

「なに?」「風呂がユニットだった。狭い」「温泉違うから!」

一番はそこか・・・。そのまま笑いながら電話を切りました。とにかく明日無事に終わることを親は祈るしかありませんでした。

 

その後、子供は2日後に帰宅しました。飛行機&長距離列車。もう自分で問題なしです。これだけでも十分な成果だなとおもいました。あとは、合格発表まで待つだけです。

 

その合格発表はバレンタインの金曜日。10時に校舎内に発表で、同時に中学校校長に合否通知を送付とあります。我が家は、もちろん送付されるなら速達だから翌日にわかるよねと、待つことにしました。中学校は「なら明日には届くでしょうから、私が待ちますよ」と入試担当の先生が土曜日も待ってくれることに。

 

ところが、こないんです。担当の先生から「今日も届きませんでした。高校に電話したのですが、『電話では合否をお教えすることはできません』といわれまして・・・明日も確認しますね」 

速達は散々送ってきて翌日に届くことはわかってます。ということは

「書留だといつ届くのぉ!!」

関東では入試の発表は私立なら受験翌日です。まさか発表予定日から、さらに待たされることになるとは思ってもみないことに。子供も宙ぶらりんな状況に、落ち着きません。おれどうしたらいいのに

 

結局合否通知が中学校に届いたのは19日の夕方でした。消印は14日でしたから5日かかったことに。帰りがけの子供をつかまえたようで、担任の先生から

「やっと届きました!合格です!子供さんに通知をお渡ししましたよー」

と会社で喜びの声を聞くことができました。

 

その翌日には高校から電話があったようで「書類を早く提出してもらわないと、県に提出できないんです」との連絡が(^^;;;いや合格昨日知ったし。

しかし高校も県外受験生のせいで、きっと毎回提出がぎりぎりで困っていたんでしょうねえ、と今更ながらやっと気付きました。ほんとうにありがたいことです。

なので、急いで届いた資料を、何度目からの先生との分担作業をおこなって作成、最後になるであろう郵便局に夜持ち込んで速達をおくることに。

 

すでに子供は学校でも有名になっていたので、校長先生達からもお祝いの言葉をいただきました。また、クラスにはほかに2名も県外受験生がいました。(私立へ部活動で行く子たちです。彼らも寮生活になります)なので「お前もいくなら、おれもがんばるぜ」と、クラスが盛り上がっていると担任の先生から後からいわれました。

本当に15の春がきたのだなあ、と先生の言葉が身にしみてきました。

 

とりあえず合格者向けの書類には、3月の一般入試の合格発表がおわるまでは、その後のスケジュール通知はないということが分かりました。次回学校にいくのは3月下旬の制服採寸と説明会が最初のこと。でも入寮日は4月の入学式と一緒なようです。採寸は備品購入もあるので都合2回親が必要です。うーんん。わかっていましたが、大変。

 

まずは3月再度山口に行く必要がありますが、我が家は他の子供もいるのです・・・・それなら今度は春休みの旅行にするべ!ということで、三重に続いて学校見学の旅パート2とすることにしました。他の子は大喜び。今度はしっかり有名温泉旅館を選択。今度は狭くないし、寮はあるぞー!! ¥(^^)¥

 

testedqualityとはCowboy BebopというアニメのDVDボックスに描かれた造語から。多分品質検査済みって感じ。