testedqualityの(県外の水産高校受験)の記録

県外の水産高校受験を記録し始めて、勝手に水産高校と水産業を応援するブログになりました。

いける水産高校を探すアゲイン その1 再度志望校を検討する

こんにちは。NHKの朝ドラマ「あまちゃん」はヒロインが水産学科に入るんですよね。こちらにそのモデルとなっている学校に飾っていた「南部ダイバー」の歌http://www1.nhk.or.jp/amachan/special/0531.html 結構好き。そして生徒は作業着。これは女子も同じ。専門系はほんと作業着が基本ですよね。しかしもう少しデザインにこだわってもいいのではないかと、たまに思います。

 

さて、反響があったその5のとおり、我が家の夏休みは旅行で終わってしまいました。学校にも報告をすませたところ、寮がないことで三重と再度話しをしたと先生は言われてました。(その節は、三重水産高校の皆様ありがとうございました。)

しかし寮がないことは条件の一つでしたから今回は諦めて別の高校をさがすことを決めました。県外受験できるのは問題ないし学校はとてもすばらしかったですので、下宿でも大丈夫ならお勧めいたします。

 

我が家は、やっと気を取り直して8月も終わりですが、候補の高校から再度選び直しです。残ったのはこちら。

新潟県立海洋高等学校、島根県立浜田水産高等学校、島根県立隠岐水産高等学校、山口県立水産高等学校 、高知県立高知海洋高等学校

しかし今回のことで、下宿や身元引受人など第3者の方が入ると迷惑かけるのではないかという気持ちが我が家では大きくなってきました。また、できれば少しでも親類が近いほうが親も子供が安心かもしれない。そうなると高知は厳しいと思いました。身元引受人を紹介していただく制度だからです。子供がきちんと折り目正しい子だったらよかったのですが・・・

 

実は私実家は福岡です。親類縁者は福岡、山口にいます。何かあっても山口ならちょっと安心だなあ、福岡からなら日帰り可能だしと考え出してました。

HPの寮紹介にもhttp://www.suisan-h.ysn21.jp/ryou/linkp07.htmlには「県外の中学校から入学してくる生徒がたくさんいます」とある。受験には大丈夫そうですが、三重のことがあるんで山口県高校教育課HP http://www.pref.yamaguchi.lg.jp/cms/a50300/index/ から 「県外から山口県立高等学校への志願について」という書類を確認。でもやっぱり大丈夫かわからないので、県へ電話をして確認することにしました。これで駄目なら隠岐水産にしよう。確実に受験可能だから。と思いながらの電話でした。(すでにこの時点で隠岐水産には電話をかけて受験OKを確認していました。ですが遠いのでちょっと迷ったのです。)

 

「埼玉県から、水産高校を受けたいと考えておりますが県外に居住したままで受験は可能でしょうか?」

 

対応された担当者さんはいいました。

「埼玉県には水産高校がないですから、受験は可能です。」

ふいー。でも心配で再度きいてしまいました。

「本当に大丈夫ですか?」

 

「県外から水産高校を受けたいというかたを、勉強をしたいという子を拒むことはできませんよ。」

 

・・・長州藩って、すごいなあ。松下村塾はこうしてできたんだなあ。

 

正直そう思いました。こんなやさしいセリフを県の担当者から聞くとは思ってなかったです。会社から電話をかけたのですが、ちょっと廊下で泣きそうになりました。

 

ということで他の子よりずっと遅く、9月に入ってやっと子供は志望校をきめたのでした。担当者の方は「11月に試験要項がでますのでその時点で再度学校経由にて連絡を下さい」とのご返事を得たので、中学校にもその旨をお伝えしました。

 

さて、改めて学校見学の計画をたてねば。今度は山口、それも日本海側です。学校も普通にやってます。と、いうことで子供には勉強してもらい、親は山口県水産高校に電話連絡をして見学スケジュールを組み立て始めたのでした。

しかし秋は学校行事が多いのでなかなか決められません。運動会に修学旅行が終わる11月。もう試験要項がでている時期までは動けないなあと、カレンダーを見ながらにらめっこの日々が続きました。

 

 

 

testedqualityとはCowboy BebopというアニメのDVDボックスに描かれた造語から。多分品質検査済みって感じ。