読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

testedqualityの(県外の水産高校受験)の記録

県外の水産高校受験を記録し始めて、勝手に水産高校と水産業を応援するブログになりました。

さて水産高校を受けるための条件を考えましょう

さて県外の水産高校を探すことになりました。子供の勉強したいことを再確認。これは前述の選択肢があることをいろいろ調べたりしたうえで決定。それが前述の5パターンなんです。で、口下手で考えるのが苦手という子供をせっついて最終的に決めたのがこれ。

  1. 水質調査とか調査捕鯨とかについていく人になりたい。なので大学に行くことも考えられる高校がいい。
  2. 船員になりたいわけではない。
  3. できれば関東以西に行きたい。暖かいところがいいなあ。

まあ、水産系研究員ってことですね。で、親の条件は2つだけ。

  1. 自宅を引っ越したりはしない。住民票もうつさず受験できること
  2. 寮があって入寮できること

親の条件の1.は単純に家族全員こまるから。都立受験や小学校の国立受験では、よく実際に別の家を借り引っ越して住民票を移すなど行う方がいるようですが、我が家にはそんなする金もひまもないです。

2.はもう一つの重要な点でした。子供が基本ぐうたらなのでとても下宿などさせたらご迷惑をおかけすること必須。よって寮だけは譲れない条件でした。

これを決めないといろいろ調べられないので、まず条件を書き出してみましょう。

みなさんはどうやって進路考えましたか?